プロの料理人もやってる!家庭でできる調理器具のメンテナンス

調理器具のメンテナンス、どうしていますか?

包丁の切れ味、手入れで変わります

包丁の手入れは毎日カンタンに

包丁は、毎日使います。だから、あまり手間をかけずに、でもしっかりとお手入れをしておきましょう。
といっても、やり方は簡単です。使ったら、まず洗剤を使ってしっかり洗います。お肉やお魚を切ったときは特に念入りに洗いましょう。水またはお湯で洗い流したら、乾いた布巾でしっかり拭いて片づけておきましょう。はい、これだけです。
包丁は、毎日研がなくていいの?と思われた方もいるでしょう。はい、もちろん必要ですが、家庭の場合毎日しなくても良いそうですよ。包丁製造会社の方にお聞きしました。砥石も、包丁を差し込んで簡単に研げるタイプで良いそうです。下手に本格的に砥石で研ぐと、かえって切れなくなる場合が多いからと言われました。

刃物はプロに任せることも必要です

包丁はじめ、刃物類は定期的にプロに研いでもらった方が長く使えるそうですよ。
刃こぼれした包丁も、研ぎに出したらきれいになって返ってきました。持ち手が木製の包丁だと、持ち手が壊れてきます。研ぎに出すときに持ち手も交換してもらうと良いですよ。とは言っても、研ぎ代の方が高くつくような包丁は、買い替えた方が早いですね。良い包丁は切れ味も違いますよ。プロも使うような包丁でトマトをスライスしたら、力も入れずにすっと薄く切れて、驚きますよ。
包丁に限らず調理器具は、一度買うと長く使う物です。それを考えたら、良いものを買って、メンテナンスをしながら大事に使う方が結局は安くつくのではないでしょうか。良い調理器具を使うと、料理の腕も上がる!ような気がします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る