プロの料理人もやってる!家庭でできる調理器具のメンテナンス

調理器具のメンテナンス、どうしていますか?

悩ましいフライパン

焦げ付きやすいフライパンは手入れ不足?

焦げ付きやすいフライパンは、洗い方が間違っているのかも知れません。
フッ素などコーティングの物は、やさしく柔らかいスポンジでコーティングが剥げないように洗いましょう。使ったら、すぐに洗うと汚れもすっと落ちます。焦げ付いたからと言って、ゴシゴシやってはいけません。ステンレスと同様に重曹を溶かした水を火にかけて、しばらく煮ましょう。そして、やさしくスポンジで洗いましょう。フライ返しも、熱に強い樹脂製の物を使用するとコーティングを痛めなくて済みますよ。空焚きもコーティングが剥がれる原因になるようですから、要注意です。
フライパンは、あまり洗剤を使わずに洗って油分が少し残るくらいが良いようです。洗いすぎて、油分がなくなってしまうと焦げ付きやすくなるそうですから。

フライパンの手入れは材質次第

フライパンも鉄製になると、扱いが変わってきます。こちらは、ゴシゴシやっても大丈夫です。だからと言って、毎回ゴシゴシ洗うのはやめておきましょうね。
鉄製も出来れば洗剤を使わずに、油分が残るような洗い方をしましょう。けれど、焦げ付かせたり、どうしても油分が残せなかった時には、洗い終わった後に水分が飛ぶ程度に火にかけ、食用油をまんべんなく塗っておきましょう。
鉄は錆びやすいですから、水分が付いたままにしておくと、悲惨な事になりますよ。
最近は、コーティングがされたものや、ステンレス製など手間のかからないフライパンが主流になっています。こちらも説明書をよく読んで、お手入れ方法を間違えないようにしましょうね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る