プロの料理人もやってる!家庭でできる調理器具のメンテナンス

調理器具のメンテナンス、どうしていますか?

調理器具は手入れ次第で長持ち

ステンレス製品の基本の手入れ

ステンレスのお鍋がいくら丈夫だと言っても、金属たわしでゴシゴシこすったら、傷だらけになってしまいますよね。輝かせたくて磨いたのに、残念な事態になってしまいます。きれいに輝かせ続けたいのなら、やはりやさしく柔らかいスポンジで洗うのが基本です。
でも、焦げ付かせてしまったと言う時は、重曹を水に溶かしてしばらく煮ましょう。ステンレスのお鍋以外でも良く使う方法ですよね。しばらくすると、汚れが浮いてくるので、スポンジと食器洗い用洗剤でやさしく洗いましょう。それほど力を入れなくても、きれいに落ちますよ。
それでも落ちなかったら、クリームクレンザーとスポンジであまり力を入れずにくるくると小さな丸を書くように磨きましょう。お鍋ややかんの外側の底の焦げ付きも同様に磨くときれいになりますよ。

外側の汚れ、内側のくもり

焦げ付きは重曹で何とかなっても、他に気になることがありますよ。
一つはやかんの外側の汚れ。調理の時に飛び散った油に細かいほこりのような物が付いていませんか?
そういう時にまず試して欲しいことがあります。食用油をキッチンペーパーにしみこませて、汚れの部分を拭いてみてください。このとき、やかんの中にぬるま湯を入れておくと汚れが落ちやすくなります。油汚れは油で落とせるんですよ。その後、食器洗い用洗剤で油を洗い流すときれいになりますよ。食器洗い用洗剤も油汚れに強いタイプを使うとより簡単に落とせます。
もう一つは、お鍋の中のなんとなーく、くもった汚れ。これにはお酢を使います。そのままのお酢を適量いれて、まんべんなくお鍋にいきわたらせます。そうすると、あら不思議。くもりが取れてきます。後はきれいに洗って、拭いたら終わりです。
試してみる価値、ありますよ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る